いま人気のラクトフェリンのサプリを比較してみました!

ラクトフェリンのサプリは、お腹まわりをすっきりさせたい方、健康的にダイエットをしたい方、また、身体の免疫力が気になる方に人気のサプリです。
当サイトでは、今市販されているラクトフェリンのサプリを集めて、配合されている成分や効果についてまとめてみました。

市販されているラクトフェリンサプリまとめ

ラクトフェリンとはどこかのメーカーの商標ではなく、たんぱく質の成分名そのものの名前です。
まずは、現在市販されているラクトフェリンのサプリをまとめてみました。
あくまで、ラクトフェリンが主成分のサプリで、おまけ程度にラクトフェリンが配合されている商品は除きました。

ライオン ナイスリムエッセンスラクトフェリン

ラクトフェリンはどれがいい?人気サプリを比較しました!

ラクトフェリンのサプリで最も有名で人気があるのは、ライオンが販売する「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」でしょう。
このラクトフェリンのすごいところは、「機能性表示食品」として認可を受けているところで、公式HPでも、「内臓脂肪を減らす」「高めのBMIを改善する」と堂々とうたっています。
もちろん販売実績も、ラクトフェリンのサプリメントとしては6年連続で売上ナンバーワンです。どのラクトフェリンにしようか迷ったら、とりあえずこれでOKです。
ラクトフェリンに、内臓脂肪を減らす効果があるという発見をしたのもライオンで、元々はマウスを使った実験によって偶然発見されました。ライオンは、ラクトフェリンが体内で効果を発揮するための工夫をきちんとしていて、もともと「酸に弱い」「熱に弱い」という性質を持つラクトフェリンを腸内まで届ける為の工夫をしています。腸まで届いて腸で溶けるサプリのことを腸溶性サプリメントと呼び、もちろんライオンのラクトフェリンは腸溶性サプリメントになります。腸まで届いたラクトフェリンは、腸管まわりの脂肪細胞をコントロールし、「脂肪分解の促進」と「脂肪の合成抑制」という効果を発揮することが研究によって確認されています。一日3粒を目安に摂取。3粒に300mgのラクトフェリンが含まれています。

ナイスリムエッセンス ラクトフェリン+ラブレ

こちらもライオンのラクトフェリンサプリです。1日摂取量当たりラクトフェリン300mgに加え、植物性乳酸菌ラブレを180億個配合。こちらは機能性表示食品を取得してはいないのですが、ラクトフェリンの効果に加えて、乳酸菌サプリのメリットを加えたアイテムです。腸内環境が気になる方や、お腹の中からきれいになりたい、お肌が気になる方におすすめです。

ピモレ カロナッシー

ちゃんと続けられるダイエットサプリとして人気なのが、カロナッシー。カロナッシーは、ラクトフェリンだけでなく、カテキン、乳酸菌、クロム、カルシウム、マグネシウムをバランスよく配合したサプリです。
カロナッシーも、胃酸から成分を守る耐酸性カプセルで、腸で溶けてくれる腸溶性サプリメントです。一日3粒目安で、3粒のラクトフェリン配合量は64mg。ラクトフェリンをメインで摂りたい方には少し少ないかも。

濃純ラクトフェリン100美肌MAX

ラクトフェリンサプリメントの専門店「BELIVA」が販売するのが濃純ラクトフェリン100。このサプリメントは、内臓脂肪対策だけでなく、アンチエイジング、免疫力強化にもフォーカスしたサプリです。名前の通り、お肌が気になる方にも人気で、腸内環境から肌質を考えたい方におすすめです。3粒でラクトフェリンを300mg配合は、ライオンのラクトフェリンと同じ配合量。加えて、ヒアルロン酸、コンドロイチン、コラーゲンも加えた美容サプリと言えます。価格が9,720円となかなかの高級サプリです。

森永乳業 ラクトフェリンオリジナル

ラクトフェリンにたいして、並々ならぬ企業努力とポリシーを感じるのが森永乳業。森永乳業のラクトフェリンは、1989年に自社生産を開始し、このラクトフェリンオリジナルは、2003年に文部科学大臣賞を受賞しています。森永乳業のラクトフェリン最大の特徴は、あえて腸溶性サプリメントにしていないところです。森永乳業のラクトフェリンに対する考え方は、ライオンとは真逆と言えます。森永乳業は、ラクトフェリンは胃で分解された方が良いと考えています。これは、ラクトフェリンが胃で分解された際に、「ラクトフェリシン」に変化することを1992年に森永乳業が発見したことに端を発し、ラクトフェリンと比較して数十倍から数百倍の抗菌活性があることが発見されたため、あえて森永乳業は腸溶性サプリメントとしてラクトフェリンを製造していないのです。その点では、ラクトフェリンにダイエット効果を期待する方と言うよりも、免疫力を高めたい方には森永乳業のラクトフェリンの方があっているかもしれません。ラクトフェリシンは、善玉菌に対しては殺菌効果を発揮せず、大腸菌 O157、ヘリコバクター菌、カンジダ菌、MRSAといった悪玉菌にだけ殺菌効果を発揮することが分かっており、研究はまだ途中ですが、ラクトフェリシンが悪玉菌を減らしたり、免疫力の強化に影響を与えることは間違いないようです。森永乳業のラクトフェリンは、一日6粒で600mgの摂取を目安としています。

はじめてのラクトフェリン。おすすめはこれ!

ラクトフェリンはどれがいい?人気サプリを比較しました!

「機能性表示食品」はライオンだけ!

100万人を超える体験者から寄せられている高い満足度。
ライオンに寄せられた体験者からの嬉しい声は、商品に対する確かな実感と十
分な満足度。健康美への手応えを感じられる商品です。

「腸まで届いて、腸で溶ける!」食品成分によるコーティングを実現

希少な多機能タンパク質を特殊技術でコーティング。
ライオン研究員の偶然の発見から独自の技術で開発を進め、食品成分を使った
特殊なコーティングで誕生した画期的な商品です。

ライオンだから安心。各国の学者が大きな期待!!

大手メーカー、ライオン株式会社が開発したダイエットサポート。
創業から一貫して私たちの暮らしを豊かにする商品開発を続けてきたライオン
だからこそ出来た商品です。

商品の特徴

私たちの暮らしに役立つ生活用品や医薬品、化学品を数多く開発してきた大手メーカー、ライオン株式会社が直接ユーザーの手元に届けるダイエットサポート「ラクトフェリン」。ライオンの研究員の偶然の発見から誕生した大ヒット商品で、牛乳や母乳などに含まれる希少な多機能タンパク質であるラクトフェリンを特殊な技術でコーティングした、ライオン独自のダイエットサポートです。体験者はすでに100万人を突破。ライオンには商品を試した人たちからの嬉しい実感が数多く寄せられています。運動と食事にライオンの「ラクトフェリン」をプラスして、毎日が楽しくなる健康美を目指しませんか?

ラクトフェリンってなに?

ラクトフェリンは、母乳などに含まれるさまざまな役割を担うたんぱく質のことです。
特にラクトフェリンが最も多いと言われているのが、赤ちゃんが初めて飲む「初乳」です。
ヒトだけでなく、赤ちゃんはお母さんのお乳を飲むことにより、生きる為の栄養だけでなく
病原菌への抵抗力、免疫力を付けていると言われています。
私牛の生乳にも含まれる成分ですので、サプリメントは牛のミルクを原料として作られています。
ラクトフェリンは加齢により減少してしていきますので、サプリメントタイプは気軽に補える為便利です。
詳しくはこちら→ラクトフェリンって何?

腸で溶けることの重要性

たんぱく質はもともと酸や熱に弱い成分です。
特にラクトフェリンは脆く、腸で吸収される前に、胃で成分自体が壊れてしまうのです。
だから生乳やヨーグルト等の食品からラクトフェリンを摂取しようとしても、
腸に届く前に壊れてしまうわけです。
この問題を解消し、「腸に届いて腸で溶ける」ラクトフェリンを【腸溶性ラクトフェリン】と言います。
メーカーによって、胃溶性なのか、腸溶性なのかは異なりますからちゃんとチェックしたいところです。
詳しくはこちら→ライオンは「腸まで届くラクトフェリン」